助成金・補助金診断

キャリアアップ助成金 -
正社員化コース

キャリアアップ助成金とは?

正規雇用を前提として雇っていない有期雇用労働者、6カ月以上継続して雇用している非正規雇用労働者の正社員登用を行う場合に1年度1事業所当たり「20人」まで助成金を受け取ることができます。

今後1年以内に新たな採用を行う予定はありますか?
非正規社員への待遇改善(正社員転換・昇給など)を実施する予定はありますか??

非正規社員

非正規社員とは、有期雇用労働者(契約社員)やパートタイマーやアルバイト、派遣労働者のことを言います。

労働保険(労災保険・雇用保険)は、法定通り加入されていますか??

労災保険

労災保険は、労働者を一人でも雇用する場合は、加入義務が発生します。雇用保険は、週20時間以上就業するなど一定の要件を満たすと加入義務が発生します。

社会保険(健康保険・厚生年金保険)は、法定通り加入されていますか??

社会保険

社会保険は、フルタイムの正社員の他、週の労働時間が正社員の3/4以上の場合には、加入義務が発生します(正社員が週40時間勤務なら週30時間勤務のパートタイマー等も加入対象)。

就業規則は作成されていますか??

就業規則

正社員の他、有期雇用労働者やパートタイマー、アルバイトなどを含め常時10人以上を雇用する場合には、作成と届け出の義務が発生します。

勤怠管理は実施されていますか?※勤怠管理システムやタイムカードなど?

勤怠管理

助成金申請を行う際には、出勤簿やタイムカードの提出が必要です。また、労働時間や残業時間などが正確に記録されており、給与とも整合性が取れている必要があります。

残業代は、法定通り支払われていますか??

残業代

原則、一日8時間、一週40時間の法定労働時間を超える労働に対しては、残業代の支払いが必要です。変形労働時間制や裁量労働制、年俸制の場合でも残業代は発生します。※残業代がまったく発生しない場合は「はい」を選択

労働条件通知書・雇用契約書は全員分、作成していますか??

労働条件通知書

正社員の他、有期雇用労働者やパートタイマー、アルバイトなどについても法定の内容を含んだ労働条件通知書(雇用契約書)の作成が必要です。

賃金台帳は、作成していますか??

賃金台帳

賃金台帳には、時間外労働、休日労働、深夜労働を行った時間数や支給した金額、控除した金額の内訳が労働者一人ごとに記録されている必要があります。

労働保険料の滞納や労働関係法令の違反は、ありませんか?

条件を満たすことで、受給の可能性があります。

受給にむけて、みんなの助成金が認定したプロの士業がご相談を承ります。